• 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
仕事から帰ってきた旦那さまにかけると喜ぶ魔法の言葉

口うるさい上司、威圧的なクライアント、何を考えているか分からない後輩に行き帰りの満員電車。
そんなストレスまみれの生活をお送るサラリーマンが癒されるのは、やっぱり愛する奥さんが待つマイホームです。

毎日朝早くから遅くまで働いている旦那さんの日々の疲れを癒せるのは他でもない奥さんだけ。
微笑んで「お帰りなさい」と一言声をかけるだけでも十分ですが、せっかくなら旦那さんが喜んでくれる言葉を贈りたいですよね。
そんな魔法の言葉をいくつかご紹介します。

「お疲れさま、今日も遅くまで大変だったね」鉄板はいたわりの言葉


怒鳴られ、嫌みを言われ、満員電車で足を踏まれて多くのサラリーマンが体だけでなく、心も疲弊した状態で自宅に帰り着きます。

クタクタに疲れて帰ってきた時に一番必要なのは癒しです。
趣味に没頭したり、美味しいものを食べたりすることでも癒し効果は発揮されますが、最も効果的なのはやっぱり他者とのコミュニケーション。
いつもの「おかえりなさい」に一言付け加えて、「今日も遅くまで大変だったね」と旦那さんをいたわってあげてみてください。
「大変だったね」と親身になってもらえると誰しも心がホッとするもの。

自分が病気にかかってお医者さんに行ったときのことを思い出してみてください。
「痛かったですね、大変でしたね、もう大丈夫ですよ」お医者さんに優しくそう言われて涙が出るほど安心したことはありませんか?
癒しというのは安心感から生まれるものです。
「大変だったね」「お疲れさま」といたわりの言葉をかけることで、旦那さんはきっと一日の疲れをリセットすることができますよ。

「すごいね!えらいね!」とにかく褒める言葉は何よりのご褒美

人はみんな、自分の頑張りを誰かに認めてもらいたいものです。
子どもの頃は、テストで良い点を取ったり、かけっこで一番になったり、図画コンクールで入賞すると両親や先生が褒めてくれました。

しかし、社会に出るとそうはいきません。
大人になると「出来て当たり前」という世界の中に放り込まれます。
契約を取ってきても当たり前、プロジェクトを成功させても当たり前、クレーム処理をしても当たり前。
私たちは「みんながやっているんだから出来て当たり前」という価値観の中で生活をしています。

けれど、やっぱり褒められたい。認められたい。そう思ってしまうのが人間です。
だからこそ、旦那さんには「今日も頑張ったんだね、すごい!」「遅くまで働いてえらいね!」と声をかけてあげてください。
旦那さんの仕事の内容を知らなくてもいいんです。朝早くから夜遅くまで働いてきたということを褒めてあげましょう。
それだけで旦那さんはまた明日も頑張ろうという気持ちになれるのです。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事