• 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
旦那が率先的に家事を手伝ってくれる魔法の言葉

結婚すると、ほとんどの家事は奥さんが行うかもしれません。
旦那さんは仕事をして帰ってきて疲れているので、家では家事を手伝わずにくつろいでいることも多いかもしれません。

自分が家事を手伝ってもらいたいと思っても、旦那さんは手伝わないこともあるかもしれません。
その際に家事を手伝ってもらうるよう魔法の言葉があるので、紹介します。

助けてなどとお願いする


家事を手伝ってもらいたいと思うならば、男性を立ててあげる言葉をかけると良いです。
「これ、やっておいて」と言うと上から目線の言葉となってしまい、旦那さんは積極的に家事手伝いをしないことが多いです。

そのため、「助けて」と下から目線でお願いすると、旦那さんの方も仕方がないなと思いつつ、家事を手伝ってくれやすいです。「助けて」と少し甘えたような口調で言うことで、旦那さんも悪い気分にはならずに家事を手伝ってくれやすくなります。また、「一緒に居られる時間が増えるから」とお願いすることもできます。例えば、食事を終えた後は旦那さんの方はくつろぎ、自分が食器洗いを行うことが多いかもしれません。そのように分かれてしまうと、会話の時間は減ってしまいます。そのときに、「あなたと一緒に居たいから食器洗い手伝って」などとお願いすると、旦那さんの方も家事を手伝ってくれやすくなります。旦那さんも自分と一緒に居たいという思いが伝われば、家事手伝いをしながら会話をするようにしてくれます。
また、旦那さんも自分が必要な存在なんだと感じることができるようになり、家事手伝いも積極的に行なってくれやすくなるので、このようにお願いすることができます。

前置きしてお願いする

那さんに家事を手伝ってもらう際に一言前置きを入れておくことで家事を手伝ってくれやすくなります。
例えば、「疲れているところごめんね、悪いんだけどちょっと手伝ってもらいたい」という風に、先に謝っておくことで、旦那さんに家事を手伝ってもらうことができます。
先に謝られると旦那さんも断りにくくなります。
共働きで働いているならば、なおさら効果があります。
前置きを付けることによって、自分も旦那さんに申し訳ないという気持ちを込めていることを伝えているので、旦那さんとしても無視することができません。
また、旦那さんも奥さんも疲れているから手伝う必要があるという認識を持たせることができます。
このように前置きをしておくことで、旦那さんに家事の手伝いを積極的に行うことができます。
前置きとしては、自分が旦那さんを気遣っている言葉をかけることが大事になります。

「仕事で疲れているところ悪いけど」、「今日も大変だったと思うけど」などです。
自分が家事を手伝ってもらいことを主張するのではなくて、旦那さんのことも理解している言葉をかけてあげることによって、家事手伝いをしてもらえます。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事