• 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
職場結婚にありがちな注意点

職場結婚にありがちな注意点について

職場結婚は就業において長い時間を過ごしながら、恋愛感情へと移行します。

出勤、出社から退社までは勿論ですが退社後も職場組織や人間関係に引きづられ、お互い共通した時間を費やさなければならない事もあります。

職場では上司、同僚、後輩等の人目もあるなかで当事者同士の愛を進めることも有り、組織内ので噂やネタにさらされる場面も出てきます。

職場結婚では良い面、悪い面相互の事象を切り抜け最終ゴールすることが課せられるということです。

職場恋愛でのメリット・デメリット

職場結婚にありがちな注意点

メリットとして職場恋愛では公表した場合には祝福を受け周囲もそれに対して配慮した動きをしてくれます。

組織内でのイベントや飲み会では、二人が一つと見なされ運営者や幹事さんには比較的容易に企画することが可能となります。

例えば、飲み会の席順などでは幹事は結構気を使う事になるのですが、一つと考えそのカップルを中心に盛り上がる宴となれば二人並んで座れは二人の席は簡単に決まります。

一方で主旨が違う場合で男女に別れた飲み会となれば、二人を別々に座ってもらうことなるのですが、その配置も2人考えるのでこれまた席を決めることは楽になります。

デメリットは仕事上での場合、プロジェクトや業務が重複している場合はとても周囲は気を使い二人が一つとみなされるため、配分に気を使わなければならない場面も発生します。

どちらかに残業を頼む際にはその相手のことまで気を使わなければならず、特に上司や管理者はどう配分するかに悩んでしまうことがあります。

よって周囲環境との調和や組織内での協調が取れないと職場恋愛では周りに気を使わせてしまっている事を認識して行動する必要があるのではないかと思います。

職場結婚でのお祝い、イベントの受入は細心の注意

結婚を公表すると職場の雰囲気は良くなり祝福ムードも漂うことなり周囲も微笑ましい話題で持切りとなるでしょう。

結婚式や2次会、お披露目会と言ったことも職場では期待されまた中にはその様なイベントを持ちかけてくる上司、同僚、後輩が出てくるとも思われます。

二人がそういった祝福の場を期待していれば、その方々に委ねて波に乗って行けば良いと考えますが、そうではない場合は厄介です。

周囲は二人に良かれとあれこれと提案したり職場内部で勝手に話を勧めていたりと言うことがあるので、その部分に関して関わり合いを持ちたくない場合は必ず周囲にその事を伝えておかなければなりません。

特に上司や上役からの場合は断りづらい事も生じるでしょうから、そっとして欲しいのであれば必ずその旨を伝えておく必要があると思います。

必ず職場では幸せという神輿を担ぎたがる者がいるので、関わり合いを持ちたくなければきっぱりと明言しておくべきでしょう。

イベントや催しを受け入れたとしても、人間関係に関わる部分なので呼んで欲しい人、呼んでは行けない人等もしっかり明言し企画してくれている人とよく話あって進めるべきと考えます。

職場結婚後、離婚したら最悪

離婚を前提に結婚等する人はまずいないとは思いますが、職場結婚し離婚した場合は周囲含めかなりのデメリットが二人を襲います。

結婚は職場で祝福され、その場を和やかにすると前に記載しましたが、離婚は全くの逆因子となります。

特に祝福してくれた方々は更にお二人に気を使って行かなければなりません。

上司が結婚式に参列したりご結婚の祝儀を頂いていたのであれば、相手も気を使うし、お二人も相当気を使う事になると思います。

先輩、同僚、後輩も同じです。

離婚は社会的デメリットがありますが、職場でのインパクとそれ以上に有ることを肝に命じておく覚悟無いといけませんので、最悪のストーリは避けるよう、恋愛段階で良く相手を見て、理解して過程をしっかり見てから家庭を持つ意味合いで結婚すべきだと思います。

これは職場結婚に限らず当たり前の事ですが、職場離婚はお二人は勿論ですが、周りには非常にネガティブな雰囲気をあたえてしまうので、極力そうならないようにして欲しいものです。

職場離婚後、転勤、移動は勿論、周囲との関係性に耐えられず自主退社に追い込まれたりするケースもあるのでできるだけ避け、覚悟をもってゴールインに向かって下さい。

職場結婚にありがちな注意点、アドバイス、心がけたい事とは?

職場恋愛職場結婚になるケースが殆どだと思いますが、恋愛中も結婚後もその組織で勤務している際は常にお二人は一つで見られていることを意識されて下さい。

結婚を周囲に公表したら祝福やイベント、企画催しはできるだけ受入れるよう心がけて下さい。

それが嫌ならしっかりと明言しておいて下さい。

離婚はするなとは言いませんが、職場離婚はキャリアにおいても絶対不利です。

周囲にはネガティブなインパクを与えますのでされる場合はそこを良く考えて決断して下さい。

まとめ

職場結婚は決して悪いことではないと思います。

職場環境には非常に良い影響を与え、一緒に働いている人も非常に微笑ましく思える一面になります。

他に、お二人の結婚という話題を提供し男性であれば居酒屋での話題になったり、女性であれば喫茶、Lineの話になったりといい面も多くもたらします。

二人が気を使われること、一つに見られることを常に意識し、職場との人間関係をしっかり保てば職場でも家庭でも楽しい人生を送ることができるのでは無いかと思います。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事
彼氏依存にならないためにするべきこと
カップル
素敵な恋愛って憧れますよね。女性も男性も好きになった人とはいつまでも仲良く、そして愛し合っていたいもの。けれども、彼氏の事が好き過ぎて生活の...
男性をその気にさせるさり気ない気遣い
出会い
男性をその気にさせるさり気ない気遣いというものに、特別なマニュアルはありません。これは、マニュアル通りにやってしまうと、またその手かという意...