• カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
本気で玉の輿を狙うぞ!負けない婚活テクニック

玉の輿結婚を狙いたいという女性は、いつも多くいます。ですが、お金と結婚した結果として、不幸な人生を歩む結末も存在しています。ここでは、本来の玉の輿という意味は、現実的にどのような意味を含んでいるのかを説明します。

良家では、その審査基準としての条項も相当の数があり、本家に嫁ぐというのには、実際百戦錬磨を突き進む女性でしか無理と言われます。

玉の輿の意味を明瞭に


玉の輿ということばは、お金持ちと結婚するという意味に捉えられがちですが、実際は、いいところの男性と結婚するという意味です。玉の輿の結婚が成功したというのは、その男性の本家が良いところで、その狙い通り果たすことができたという、女性の成功物語というかたちになります。

ですので、お金持ちの家と結婚したと言って、破局になるような世間話とは違っていて、実際は、花嫁修業や、結婚してからの家長からの指導も相当厳しくあります。
これは、見栄えと結婚するという意味でもなく、その地域社会で堅実な両家と婚姻関係を結ぶというものです。そして、女性の両親としても、入念に男性家へと断りを入れておくという、入念な親類同士の結婚であったりもします。

つまりどこの人かわからないような女性では、両家では一切がお断りなので、その筋の系統としても、その女性の実家の質なり、基盤なりの調査はされます。玉の輿というのは、実際恋愛で狙って結婚するというよりは、両家同士の話し合いの結果というのが正式の玉の輿結婚になります。

玉の輿の本意とは

玉の輿の本意を女性側からの趣として考えると、男性と結婚したいという願望より、その家と結婚したいという意識が強いのが特徴です。つまり、その家というのは、しっかりとした家という意があり、しっかりとした基盤を築いている良家と結婚するという意味が強く存在しています。

そこには、男性がお金持ちだからとかかっこいいというイメージが先行するのではなく、その玉の輿に見合うように、花嫁修業を入念に続けた結果、良家から認められての結婚という、女性の方からすれば、波乱万丈の世界になります。結果として、玉の輿結婚が与えられたとしても、良家では花嫁修業の継続の厳しさは、さらに凄みを帯びますので、結婚してからの修行も連日行われます。これは、お金と結婚して楽な生活を行うという一般の考えたとは対極にあり、家で遊んで暮らすという意味とは、程遠いものです。

玉の輿の本意とは、その玉にふさわしい女性になるという意味で、男性を捕るという意味ではありません。良家に認められる審査基準は厳しいのです。

お金だけではない玉の輿婚活

男性側の良家にお金がたくさんあるからという理由は該当しません。その玉のお家では、随時、事業が展開されていますので、事業知識に精通していることは、玉の輿をねらおうとする女性には必須の知識事項になります。

つまり、新郎の夫の事業や、お家の家計の深みなどについての基礎知識は万全の状態で家に入らなくてはなりません。通常の玉の輿の知識では、そのあたりは不明確なままになっています。

つまり、良家に入るには、良家の伝統と、その知識的な作用や、伝統や現段階での事業について、ある程度の知恵で参与できる資格が必要なのです。そして、その良家の主人に対する立場への尊敬の念も必要ですから、社会的立場の意味を理解できない人は玉の輿からはほど遠くなります。
結局は、玉の輿結婚に至るという意味において、その財産と結婚するという意識は外されます。そして、お金ではない良家の伝統を周到して、やっと結婚をみとめられる訳です。
獲得の為の婚活と言うよりは、毎日の勉強に費やす時間の多さに、疲弊する女性も多いはずです。

本気で玉の輿を狙うぞ!負けない婚活テクニックのアドバイス、心がけたい事とは?

玉の輿をねらうという言い方にも、それぞれありますが、女性が男性を求める思いは、それ相応の激しさもあるのが常になります。ですが、その金額にしても、玉の輿のお家では、該当しない金額として、門前払いをするのがオチですので、何回も諦めずに勉強に励む必要があります。

婚活テクニックとしては、テクニック集として流布されるものは、あえて良家では通じません。そして、そのテクニックとしてあるといえば、良家の伝統と現事業に対するサポートして自分になにができるかを考えたほうが一番の近道と言えます。

まとめ

本当の玉の輿という意味は、お金をイメージするものではありません。そして、良家では、一般的にただタダ飯を食わせるという意識は、民間よりなくて当然という意味が強いです。

ですので、その良家が、事業をやっているのであれば、その事業の一端を回せるくらいでなければ、女性としての力量もなしと見られます。つまり、通常の結婚のように新郎に頼るわけにはいかないのです。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事
LINEを既読スルーされない誘い方
片思い
近年、連絡ツールの主流となったLINE。さくさく連絡のやりとりができてとても便利ですが、気になるのは「既読」「未読」の表示。普通だったら、も...
旦那さんに浮気がばれた時の対処法
カップル
大切な人が居ながらついつい魔がさして浮気をしてしまう事があります。 刺激に浮かれている時に浮気がばれた時の衝撃は計り知れません。 誠心誠意謝...
お見合い結婚のよいところ
出会い
お見合いの場合は、まずなんといっても相手のことをとても良く知ってお付き合いができるということです。...