• 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
好きな人に子供扱いされて相手にされないあなたへのアドバイス

好きな人に子供扱いされて相手にされないあなたへのアドバイス

好きな人に子供扱いをされて、恋愛関係になかなか発展しないという人がいます。

それには、色々な要因があります。

特に、会社やバイト先での先輩と後輩の関係、幼馴染で小さな頃からよく知っている関係などに多く見られます。

では、そんな「妹的存在」から脱却することは難しいことなのでしょうか。

妹的存在」から「恋愛対象」になるためにはどうすればいいのかをご紹介します。

 

男性が女性を子供扱いしてしまう心理とは?

好きな人に子供扱い

男性が相手の女性を子供扱いしてしまう心理の一つとして、照れ隠しがあります。

本当は男性側も意識しているにも関わらず、「ふたりは付き合っているの?」と聞かれたとき、「そんなんじゃないですよ~。妹みたいなもんです。」と、思わず言ってしまう人がいます。

これは、周りからふたりの関係が注目されたことに対する、照れ隠しです。

「妹みたいな感じですよ~」は、好きな人から言われると結構ショックな言葉です。

ですが、そこで落ち込んでいてはいけません。

妹的存在」は、可愛がられている証拠です。

男性側も一緒にいて嫌な存在ではないということです。

放っておけない、目が離せない存在には違いありません。

それが、「妹として」放っておけないのか、「彼女として」放っておけない守りたい存在なのかの違いです。

この近しい距離感を、妹から彼女へ変えるには「女性として認識」して貰うことです。

たとえば、家族である妹は、いなくならない存在です。

失う可能性のない関係にあります。

「彼女」とは、いつまでも続く関係ではないかもしれないという、不安感があります。

その繋ぎとめておきたい雰囲気を出すことが大切です。

 

子供扱いされやすい妹的存在のタイプとは?

では、妹的存在と思われてしまうタイプは、どういった人でしょうか。
・文句を言わない聞き分けのいい子
・ノリのいい子
・色気のない子

これらのワードから、あなたは「女性」を想像することができますか。

確かに、一緒にいてラクだし楽しそうな子、ということは分かります。

ですが、その先の「女性としての魅力」は想像できません。

逆を考えてみてください。

あなたが、男友達を言葉で表現するとき、どのようなワードで表現しますか。

それには、「男性としての魅力」が含まれていますか。

それと同じことです。

子供扱い(妹的存在)とは、幼いイメージがあります。

そこには、女性としての魅力が感じられません。

まずは、「聞き分けのいい子」「ノリのいい子」を封印してみてはいかかでしょうか。

もちろん、一緒にいて「ノリの良さ」は大切です。

ですが、たまにはワガママになってみることをおススメします。

そうなることで、「いつもと違うな!」「ボクの思い通りにいかない」と、不安感(危うさ)や不安定さを相手に与えることができます。

それにより、「安定の妹的存在」から、「失いたくない大切な人」へと気持ちを変化させることができます。

 

子供扱いからの脱却に必要な3つの変化

子供扱いからへの脱却には、様々な方法があります。

・服装を変える
・メイクを変える
・行動を変える

まずは、この3つのことから変えてみてください。

<服装を変える>
いつもカジュアルな服装の場合、好きな人とふたりで会う時は、違ったタイプの服装を着ていくと効果があります。

たとえば、普段バイト先へ行く際の服装は、パーカーにパンツとスニーカーの女の子。

だけど、好きな人とふたりで会う時は、ヒールが似合うワンピース姿だと、「あれっ。いつもと何だか違う」という印象を与えることができます。

<メイクを変える>
いつもは、ナチュラルメイク。

そんな女の子が、彼と会う時は、少し濃いめのリップをつけるだけで顔の印象は一気に変わります。

メイクが変わるとそれだけで、相手を女性として意識します。

全体的にバッチリメイクをすると、普段とあまりにも変わり過ぎる変化に、相手は引いてしまう恐れがあります。

ですから、リップの色を変えてみる、チークを入れてみるなど、いつもと何か一つ違ったメイクを取り入れるといいでしょう。

<行動を変える>
ノリのいい子、聞き分けのいい子は、一緒にいてラクです。

そのラクな感じが、いてもいなくてもいい空気みたいな存在になってしまっている可能性があります。

ですから、たまにはワガママを言って、相手の手を煩わせてみることも必要です。

そうすることで、空気のような存在から抜け出すことができます。

 

 

好きな人に子供扱いされて相手にされないあなたへのアドバイス、心がけたい事とは?

好きな人に子供扱いされて、恋愛関係に発展しない場合、相手の気持ちを変えることがポイントです。

「いつもと違う」「かわいいな」「守ってあげたい」「失いたくない」という存在に思ってもらうことが、恋愛へ発展するのではないでしょうか。

そのためにはやはり、いつもと違う自分を相手に伝えることが大切です。

それは、皆といるときにではなく、彼とふたりきりの時に、というところがポイントです。

普段は妹みたいな感じなのに、ボクといるときは違う。

そう思ってもらえると、自分を意識してくれている証拠です。

 

まとめ


いかがでしたか?

相手に自分を好きになって貰うには、少しの無理も必要です。

ですが、無理をし過ぎて周りが見えなくなり、自分を見失っては元も子もありません。

大きな変化というよりは、少しだけの背伸びが大切です。

それが、子供扱いされない妹的存在からの脱却です。

「ボクのために背伸びしてくれている」と思って貰えるように、少しのワガママと、いつもと違う色のリップを1本選んでみてください。

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事
略奪愛をしてしまったあなたへの処方箋
出会い
略奪愛とはつまり、相手に彼氏がいたり奥さんがいたりする人から略奪してしまうことです。略奪愛というと響きが悪いですが、「たまたま好きになった人...
720万通りのカラーリングが叶える
ファッション
720万通りのカラーリングが叶える”自分色”バッグ「マイ プリアージュ® シグネチャー」新カラー、2020年7月8日(水)ラインナップ ~「...