• 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
本命の彼女になるためにしておきたいこと

本命の彼女になるためには、友達付き合いから開始して、充分に時間をかけてから、つきあっているという段階を踏まえていくのが正解になります。

ここでは、女性のアプローチとして、男性が敬遠してしまいそうな手段はあまり控える本当の意味と、男性側から見た、本命のタイプというものが、女性からは見えにくいという理論値を紹介します。

本命の彼女に必要な資質

本命の彼女としての資質は、スタイルだけの問題ではありません。男性側はふつうこういう問題には無頓着で、

女性のストレスなどには、あまり気をかけないところがありますが、ほんとうに真面目な男性であれば、やはり女性の観点とは違うところを見ている可能性があります。

つまり、永遠の誓いと思える女性かどうかという判定では、実は女性の目線より厳しいところがあり、その自分自身での判定で、彼のほうから守るよ。ということばが出てきます。ですので、付き合っているとしても、本気で、

守りたい女性かどうかは、やはり本命の女性の資質の問題でもあるのです。この問題解決には、女性自身は魅力的であろうと努めるのですが、真面目な男性ほど、実は家庭的な女性を求めている節は多くあります。

ですので、女性がそうであるように、男性は一生くらして楽しいだろうな。と思うことが必要なのです。女性の場合は、本命と呼ばれるために、いろいろ磨きをかけるところはありますが、

男性側からすると、あまりそういったことにはむとんちゃくであることは実は多いのです。ですので、女性は内面を磨いて、良い女性であると判断されなくてはなりません。

本命の彼女として歩みをはじめる

本命の彼女になって、その歩みを始める段階でも、男性の中では、ずっと一緒にという思いを抱いているものです。これは、女性がずっと一緒にいたいという感覚より、もっと淡白なもので、一緒にいて飽きないひと程度のことかもしれません。つまり、飽きなければいいや的な感触なのです。

このために、本命としての自信を失いそうになる女性も多いかもしれません。男性側には、仕事という大きな道があり、女性はその付添みたいなところがあって、女性が男性が本命で、仕事はセットでという考えとは異なっているので、あまり、男性側から求めという訴えを女性が聞くことはありません。そして、本命の女性であれば、

男性に訴えたいことはいくらでもあるのかもしれませんが、男性側はそんなことより、将来どうするんだよ。という表現が聞こえるだけで、あっさりと淡白なのです。これは、本命の女性からすると、不安要素にもなりがちなのですが、男性の方から、ちょくちょく連絡が来る程度であれば、忘れてないんだという意識を無理にでも

もったほうがいいです。あれやこれや考えすぎて、男性に訴えると、本命でしょ。というあっさりな返事になるでしょう。

おすすめの記事