• カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
  • 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
「木のストロー(木製ストロー)」ショパール ジャパンへ導入開始

「木のストロー(木製ストロー)」

ショパール ジャパンへ導入開始

/Chopard Japan to introduce Japanese wooden straws, Kinostraw

日本の森を守り、水を守るために。SDGs にも貢献するプロダクト「木のストロー」本格販売 第一弾

日本の森を守り、水を守るために。
SDGs にも貢献するプロダクト「木のストロー」の本格的な生産・販売開始にあたり、その記念すべき第一弾として、ショパール ジャパンへの導入を開始します。

クリエイティブ制作事業や「木の紙」の商品開発・販売を展開している「株式会社クレコ・ラボ」(東京都港区/代表:興津世禄)は、世界的な脱プラスチックの流れと、国連が掲げる「持続可能な開発目標(SDGs)」に対応する商品として、日本の大切な資源である水を守り、森を守ることに寄与する「木のストロー(木製ストロー)」の受注生産と販売を本格的に開始いたします。

木のストロー
Maintaining Japan’s forests and water.
As the first step in the full-scale release of Japanese wooden straws, Kinostraw, a product which contributes to SDGs, Creco-lab, Inc. will introduce the Kinostraws to Chopard Japan.

本格展開の記念すべき第一弾

本格展開の記念すべき第一弾は、スイスで150年以上の歴史を誇るラグジュアリーウォッチ&ジュエリーメゾンであるショパール ジャパンへの導入です。カンヌ国際映画祭の公式パートナーとして有名なメゾン ショパールは、「サステナブル・ラグジュアリーへの旅」をブランドのモットーに掲げ、全てのウォッチ&ジュエリーに関して環境および社会の国際的ベストプラクティスに準拠し、責任ある供給元から調達した「100%エシカルゴールド」のみを使用しています。

• Chopard Japan

A Swiss luxury watch and jewelry maison boasting a history stretching back more than 150 years.
Well-known as an official partner of the Cannes Film Festival, they have made “the journey to sustainable luxury” their brand motto, and all of their watches and jewelry conform to international environmental and social best practices, using only “100% ethical gold” sourced from responsible suppliers.

「木のストロー」がヨーロッパを中心とする脱使い捨てプラスチックの流れを汲んでいることに加えて、「木のストロープロジェクト」※というコンセプトが背景にあることが評価され、今回の採用に至りました。
まずは、2019年9月1日および7日に開催された「ショパール フェア」の飲料用ストローとして、ショパールのロゴ入りの「木のストロー」が使用されました。またこれをきっかけとして今後は日本国内でブティックに導入されます。

※木のストローをきっかけに日本の水、森の問題を知る・考える、毎月30本から始められるプロジェクト
参考URL https://forest.creco-lab.co.jp/

The reasons leading to the selection were:
The fact that Kinostraw is a product derived from the trend away from single use plastics in which Europe plays a central role.
“The Kinostraw Project” (*A project that uses Kinostraws to spur awareness and consideration of the issues surrounding Japan’s forests and water, and can start from just 30 straws a month. Reference Link https://forest.creco-lab.co.jp/index_en.html)
The strong positive response to these points was an important background factor.

First, Kinostraws bearing the Chopard logo was used for the drinks served at the Chopard Fair held on the 1st and 7th of September 2019. We plan to use this opportunity to have the product introduced at boutiques in Japan in the future.

木のストロー

▼「木のストロー」に込めた想い

近年のアメリカやヨーロッパでは海洋汚染問題によるプラスチックストロー廃止の動きが活発化しており、すでに世界各国でプラスチック製ストローをはじめとする使い捨てプラスチックに対する廃止の方向性が打ち出されています。

株式会社クレコ・ラボでは、「利用することで日本の水、日本の森を守ることに繋がる商品」として、国産材を利用した木製商品(木の紙や木の名刺等)の企画・製造に長年取り組んできました。この取り組みがベースにあることから、単純なこのプラスチックストロー代替というところからもう一歩踏み込み、日本の水・森を守っていくきっかけづくりのアイテムとして木のストローを位置づけています。

2018年に「木のストロー」開発のご相談をいただき、同年12月より「世界初の木のストロー」として東京都内での製造・販売を開始、「ザ・キャピトルホテル東急」にて試験導入をしたところ、大きな反響をいただいたことから、木のストロー生産の体制構築を進めてきており、沖縄現地法人(株式会社スマパノ)での先行リリースでのマーケティング結果を踏まえ、このたびの本格製造・販売開始へとつながりました。

As covered in the news, there is a growing movement in America and Europe to abandon single use plastics due marine pollution, and countries around the world are on a course toward doing away with single use plastic products, including plastic straws.

At Creco -lab, we design and manufacture wooden items using domestically-produced materials (including Kinokami and Kinomeishi) as products which will help to maintain Japan’s forests and water.
Kinostraw is going to be the alternatives to plastic straws, and also help to maintain forests and water in Japan, like as our other items.

▼なぜ今、「木のストロー」? 砂漠化が進む「日本の森」を守る

古くから日本には「豊かな水の国」というイメージがあり、その水は「豊かな森」があることで守られてきました。長い歴史の中で日本の森林は人が手を入れることで育まれてきましたが、近年は林業の衰退によって人と森との関わりが減り、多くの森林が放置された結果として「緑の砂漠化」が急速に進んでいます。これは同時に、日本の「水の危機」を意味し、「国産の木を使った商品=木のストロー」を使うことは、そのひとつの具体的な解決策に繋がります。
弊社では、本商品の購入を通じて「日本の水・森を守る」ことに貢献できる「木のストロープロジェクト」(毎月30本から始められる「木のストロー」で日本の水・森を守るための啓蒙活動)も展開していきます。

【参考サイト】

木のストロープロジェクトについて(漫画で解説): https://forest.creco-lab.co.jp/comic
水と森と木のストロー公式サイト: https://forest.creco-lab.co.jp
森のバーチャルツアー: https://s.smapano.com/mori
木のストロー販売オンラインショップ: https://www.kinomeishi.com/product-list/65

▼高級感と温かみのある、国産の「木のストロー」

弊社の「木のストロー」は、国産のスギなどを0.15mm程度の極薄にスライスした木のシート(弊社オリジナル商品「木の紙」と同じ素材)を独自の加工で巻き上げ、仕上げたものです。本物の木で作られているため、見た目や手触りに温かみと特別感があり、よりリラックスしてお飲物をお楽しみいただけます。
また、「なぜ、木のストローで飲み物を提供しているのか」という商品のバックストーリーを伝えることもできます。

※飲食店様では衛生面での配慮から、ご使用はワンウェイを推奨していますが、個人使用いただく場合は、洗ってしっかりと乾燥いただくというお手入れをしていただくことで、複数回ご使用いただける、こだわり品質となっています。

木のストロー

木のストロー

※先行導入いただいた、「オクマ プライベートビーチ&リゾート」(https://okumaresort.com/)内レストランでの使用画像

Our company’s Kinostraws are made from Japanese cypress and cedar material sourced from forest thinning that is sliced into ultra-thin sheets roughly 0.15mm thick (the same material is used to make our company’s original Kinokami products), then wrapped into a straw shape and finished using a proprietary process. They are made from real wood, which imparts a warmth and sense of specialness to their look and feel, and creates a more relaxing atmosphere when enjoying a beverage.

Water and forests are precious resources for Japan.
We hope that the Kinostraw will spread as items for creating opportunities to maintain Japan’s forests and water.

▼持続可能な商品として、お土産や引き出物にも

国産材を使った「木のストロー」は、紙製やわら製よりもぬくもりが感じられるため、「日本ブランド」を求めるインバウンドや富裕層へのアピールとしても有効です。また、環境に配慮した商品が選ばれる時代ですので、国連が掲げる持続可能な開発目標「SDGs」に対応する商品としてお土産品やリゾートウェディングの引き出物等(名入れやロゴマークの刻印も可能)としての展開も期待できます。

株式会社クレコ・ラボ」はSDGs の掲げる17 の目標のうち、以下の取り組みを行なっています。
12 つくる責任とつかう責任 、15. 陸の豊かさも守ろう

木のストロー

木のストロー

木のストロー

 

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事
収入重視!?高収入な男性と出会うには
出会い
一般的な男性の所得平均年収は約520万円と言われています。しかし、一部の男性中には平均年収を遥かに超えた収入を得ているのです。今回は収入重視...