• 出会い
    どんな場面でも、とにかく完璧な第一印象を与える方法
  • カップル
    尽くしてるつもりが、おせっかいに思われるNG行動
  • 別れ・すれ違い
    失恋するとやってしまうダメな行動
  • 片思い
    片思いが長すぎて、辛い気持ちのあなたへのアドバイス
  • 出会い
    SNSで本気の出会いを求めているあなたへ
  • 出会い
    電車でよく会うあの人に・・まずは名前と顔を覚えてもらいたい
  • 別れ・すれ違い
    最近、彼との会話が減ったな・・・と感じているあなたへ
目もとのシワにサッと!「ベネフィーク リンクルリセッタ―」誕生

目もとのシワにサッと!パッと!お疲れ見えをリセット。 「ベネフィーク リンクルリセッタ―」誕生 ~2019年1月21日(月)発売~

 

目もとのシワにサッと!「ベネフィーク リンクルリセッタ―」誕生

 

資生堂は、化粧品専門店専用ブランド「ベネフィーク」から、目もとのシワをキレイにカバー&ストレッチするノーカラーコンシーラー「ベネフィーク リンクルリセッタ―」【全1品目1品種/ノープリントプライス】を2019年1月21日(月)に発売します。

◆ 目もとのシワにサッと!パッと!お疲れ見えをリセット。瞬時に、気になるシワをまるでなかったように。ハリのある明るい目もとに仕上げるノーカラーコンシーラー。
◆ なめらかにのびるクリームが、目もとのどんな動きにもぴったり密着し、ハリ感を与え、シワをフラットに補正します。
◆ 朝のメイク時や日中の化粧直しなど、いつでも気になった時に使えます。
◆ 日々、お客さまに接しているビューティーコンサルタント(以下BC)のアイデアを活かした「ものづくり」を推進するプロジェクトから生まれた商品です。

《発売背景と商品特長》
ベネフィークは、女性の疲れと肌に関する意識に着目。疲れやストレスを感じている30代女性の多くが、「疲れるとシワが目立ってくる」と感じており、「ファンデーションをつけると、素肌のときより小じわが目立つ」、「隠そうとすればするほど、どんどんお疲れ印象になる」という意識を捉えました。
そこで、目もとのシワにサッと!パッと!お疲れ見えをリセット。瞬時に、気になるシワをまるでなかったように。ハリのある明るい目もとに仕上げるノーカラーコンシーラー「ベネフィーク リンクルリセッター」を発売します。
日々、お客さまに接しているBCのアイデアを活かした「ものづくり」を推進するプロジェクトから生まれ、資生堂リサーチセンターにて商品化することに成功したノーカラーコンシーラーです。

【商品一覧】
<商品名>ベネフィーク リンクルリセッタ―
<分類>部分用ファンデーション
<容量>15g
<品種>1種
<価格>ノープリントプライス

【商品概要】
■商品名・容量・価格ベネフィーク リンクルリセッター

<部分用ファンデーション>
15g

ノープリントプライス

■商品特長
目もとのシワをキレイにカバー&ストレッチするコンシーラー。
瞬時に、気になるシワをまるでなかったように。
ハリのある明るい目もとに仕上げるノーカラーコンシーラー。

○なめらかにのびるクリームが、目もとのどんな動きにもぴったり密着し、ハリ感を与え、シワをフラットに補正するノーカラーコンシーラーです。

○様々な方向に光を放ちシワを目立たせない。
―超拡散パウダー配合

○ファンデーションの上から重ねてもひと塗りで肌になじむように密着し、つけた後はさらさらべたつかず、ハリ感を感じる使用性。

○朝のメイク時や日中の化粧直しなど、いつでも気になった時に使えます。

○持ち運びに便利なチューブ入り。

○心地よい安らぎ感あふれるフローラル・フローラルの香り。

○アレルギーテスト済み・ニキビのもとになりにくい処方。
(全てのかたにアレルギーが起きない、またニキビができないというわけではありません。)

■使用法
●ファンデーションの後、お使いください。
●指先に適量(両目で米粒1コ分)をとり、目頭から目尻に向かってやさしくすべらせた後、ポンポンと軽くおさえるようになじませます。

▼ ベネフィーク ブランドサイト
http://www.shiseido.co.jp/benefique/?rt_pr=trc43

▼ ニュースリリース
https://www.shiseidogroup.jp/news/detail.html?n=00000000002561&rt_pr=trc43

▼ 資生堂グループ企業情報サイト
https://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=trc43

関連キーワード
こちらの記事もチェック
おすすめの記事
両親に会ってくれない彼を説得する方法
カップル
彼が一番嬉しいこととして、身内を褒めてもらえるということなんですね。自分の両親の事を褒めたとしても、それは自慢にしかなりません。褒めるという...